注文住宅に憧れて建てた時

新築を建てる時にコスト負担が安い建売にするか、
コスト負担が高いけれど独自性の強い注文にするか迷いましたが、
最終的には注文住宅で新築を建てる事になったものです。

家族と相談して建売のモデルハウス等にも沢山見学に行ったのですが、
家族に関しては建売でも良いという意見が多く、最近の建売は住みやすさやデザインも
機能性が高くて優れている傾向にあります。

ただし、家を建てるなら注文住宅と昔から思い描いていた部分もあり、
コスト負担は大きくなりますが後悔したくないからと家族を説得して、
注文住宅の発注に舵をきる事になりました。

知人にも注文住宅を建てた人が居たので、注意点をいくつか聞いており、
どうしても夢が広がってデザインに反映させたいアイデアが沢山あっても、
数点に絞り込まないと住んでから後悔するとアドバイスされたものです。

建築家と打ち合わせを重ねて、拘り点と妥協点を整理しながら作っていき、
最終的に出来た家に住んでみると、やはり注文住宅を選択して良かったと感じています。